HOME > 事務局 > お知らせ詳細

最新情報

大津市医師会立看護専修学校戴帽式(2021/11/12)【動画】
  • 2021年12月02日 
  • お知らせ
Good Sign 大津市医師会立看護専修学校

https://m.youtube.com/watch?v=Y8buX9dlTfc

令和3年11月12日(金)看護師の卵たちが、初めてナースキャップを着ける「戴帽式」が大津市のびわ湖ホテルで開かれ、学生たちが決意を新たにしました。
式には、基礎看護課程を終えた、大津市医師会立看護専修学校の1年生、34期生28名が参加しました。
「戴帽式」は、看護師を志す学生に、職業に対する情熱や、人の命に関わることの責任を自覚させるために行われています。
学生たちは、看護師の象徴「ナースキャップ」を、担当の教員から一人ずつ受け取りました。
この後、ナイチンゲール像のキャンドルから「看護のこころ」を表す灯火を受け取った学生たちは、キャンドルライトが会場を照らすなか、誓いの言葉を述べました。
また、学生の言葉でナイチンゲール誓詞(以下)の録音が流されました。
来賓の祝辞や、2年生のお祝いの言葉を頂くなか、ナースキャップを受け取った学生たちは、今後、病院で患者を受け持つなど、本格的な実習に取り組んでいきます。

≪ナイチンゲール誓詞≫
我は、ここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わん
わか生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを
我は、すべて毒あるもの害あるものを絶ち悪しき薬を用い
ることなく、また知りつつこれをすすめざるべし
我は、わが力の限り、わが任務の標準を高くせんことを努
むべし。わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事のす
べてわが知り得たる一家の内事のすべて、我は人に洩らさ
ざるべし
我は、心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸の
ために身を捧げん

(当日は、コロナ禍を配慮して、全員マスク及び演台の透明フイルムの設置により開催しました。また、びわ湖放送にて令和3年12月1日(水)の午後10時55分から11時まで放映されました。)

謝辞:この動画は、びわ湖放送株式会社様のご協力により作成されております。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

(公社)大津市医師会 会長 重永 博
大津市医師会立看護専修学校 校長 山田 哲博